2006年06月27日

生シアバター

若返りの科学☆いつまでもビューティーのかこさんが
紹介してくださっていた、keinsの生シアバター!
良さそうなので、さっそく注文♪

 

生シアバター
これは、シアの木の実からとった
シアバターを精製せず、ペーパーろ過だけなので、
生絞り状態といったところでしょうか^^

薬品で精製されたシアバターより
有効成分が3〜5倍入っているそうです!
精製する溶剤の残留の心配がないっていうのも安心ですよね!


 

詳しくは、かこさんの記事、水をはじく女になる!でどうぞ。



シアバターって?

100%純粋のシアバターは天然のビタミンAクリームです。
優れた保湿効果と皮膚に対する癒し作用を発揮します。

シアバターに含まれているビタミンAは、
皺、切り傷、発疹、皮膚炎等の症状改善に有効です。
プレミアムシアバター(天然シアバター)は更に各種皮膚アレルギー、
虫刺され、しもやけ、日焼けにも効能を発揮します。

シアバターの比類の無い保湿効果はクリームに含まれている各種の保湿成分に由来します。
シアバターの保湿成分は人間の皮膚腺で生成される成分と同一のものです。
生理学及び生化学的作用によりシアバターは各種の「皮膚の傷」に理想的な軟膏となります。

シアバターを使用する事により、傷の回復が早くなったと多くのシアバター愛好家の方から報告されています。
シアバターに含まれているビタミンEについてはその効用が未だ解明途上です。
人体におけるビタミンEの効用自体はっきりとしたものではありませんが、
老化防止・活性酸素の除去に効果を発揮し微細循環を促進するのではないかと言われています。
(出典:アメリカシアバター協会 より)


 

アップ

生シアバター特有のザラッとした感じがあるのですが、人肌でスーッと溶けるので問題なし。

白チョコレートの香り、と表現されてましたが、エクストラバージンのオリーブオイルの香りに思えるのは、私だけでしょうか…(笑)

まずは、手や肘、カカトなどで試用運転♪
3日で香りにも慣れました^^




携帯用に
そのままでもいいのですが、
大豆2粒くらいの量を容器にとって、
アルガンオイル1滴、
ローズヒップオイル2滴
好きな香りの精油少々を入れて練ると…
クリームのように滑らかになり、使いやすくなりました!
独特の香りも少しはマイルドに〜☆

 

 

ガーナ女性たちの肌を、乾燥や強い日差しから守ってきた
天然の保湿クリーム、シアバター。


なにやらその効能は奥が深そうですが、
クレオパトラも化粧下地に使っていたそうな!


そんな長ーいあいだ、愛され受け継がれてきた物は
いい物って証でもありますよね!




う〜〜ん♪これでアンチエイジングに鬼に金棒か?
日焼け、乾燥といった大敵と戦えそうです

  

Posted by kirei_no_kagi at 01:26Comments(7)TrackBack(0)

2006年05月17日

貴重なオイル!

アルガンオイル

「アルガンオイル」は、
モロッコに自生するアルガンツリーという木の果実の種子から採取されたオイルで、

なんといっても、100キロの果実から
1ℓしか取れないという貴重なオイル!

しかも、100種類近くの天然有効成分が含まれていて、ビタミンEはオリーブオイルの2倍!

 

ビタミン、A・B・Eを豊富に含むので、
細胞の新陳代謝を促進し、肌の保護、再生の
働きを助けるといわれているそうです。

 

宅配生協で、たまたま目に止まったアルガンオイル♪
20mlで1260円でした。



オイルはスクワランなどを使ってるけど、
このアルガンオイルは、スクワランのような
ベタつきがない所がいいですね!
肌に直接つけても、しばらくするとサラッと馴染んでます。
ちょっと、モッチリ感があるのが嬉しいところ♪

 

湯船につかりながら、オイルパックしてみました!
オイルで軽くマッサージをして、蒸しタオルをのせてゆーったりと。
最後は軽くふき取っておしまい。

自分の皮脂が出るといいのだけれど、
ちょっと乾燥気味のときのお助けに、
気分もリフレッシュ!でいいかも〜(*'▽'*)ゞ

 


お顔用として、ハンドクリーム、リップクリーム、髪に爪に!
全身どこにでも使えちゃうオイルです^^

(食用もあって、体の中からの酸化防止によさそうですよ!)

 

  
Posted by kirei_no_kagi at 08:05Comments(14)TrackBack(0)

2006年04月26日

天然の「バラの水」

ダマスク ローズ・ウォーター

 

ローズ・ウオーターは、
ローズオイルを作る時に一緒に作られる(出来てしまうといった方がいいかも)
バラの香りやエキスをたっぷり含んだお水なのです♪

←ダマスク ローズウォーター 200ml 2100円

 

 

近所の自然食品店の手の届きにくい(レジの奥!)ところに置いてあり…(笑)
2本あるうちの1本はどうやらテスターのようで、中身が減っているのだけれど、
「試してみたい…」と言えない、気の小さい私。。。(爆)
ピンク色のパンフレットをもらってかえりましたのさっ
さっそく、ネットで調べてみると…

 

その効用は、

1. 乾燥を防いで、肌しっとり!

2. シミやシワ、紫外線の害もブロック!

3. アトピーなどのかゆみにも効果!

4. 顔だけでなく、全身や髪にもOK!

5. 鼻からかぐ香りでストレスもやわらぐ!

6. 日焼けによる炎症やかゆみにも効果!

7. 目元パックで目の疲れと小ジワが改善!

などとあり、
天然100%でありながら、なんと魅力的な水なのでしょう!


さっそく、買いに走りましたっ!(笑)
なんでもっと早くに気づかなかったのかなー
ローズ・ウォーターの存在は知っていても、
使うきっかけが無かったものね…
こういった、タイミングってある気がする
今だから、その良さが分かるのかも!


使用感は、もちろん気持がよく、さらっとしっとりという感覚。
ブロー前のぬれた髪にスプレーしたら、
これがまた、髪がサラッサラ (私、せっけんシャンプーなもので…)

バラ水のもつ冷却効果は、
紫外線によるメラニンの暴走を防いでくれそうだし、

バラの香りのリラクゼーション効果は、
肌のバリア機能回復の助けにもなるはずー!

もう、手放せなくなりそうな予感が大!なのでした!(*^m^*)

 


生いもこんにゃく

そして、おまけでもう1品!

そのお店のこんにゃくに、(黄色いシールのところ)
「セラミド含有 本品の半分を2週間食べ続けてください」とありました。

お店の方に、
「2週間食べると、どうなるの??」と質問したら、

「さぁ……??」だって!商売っ気なさすぎです!(笑)

  
Posted by kirei_no_kagi at 11:26Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月20日

思わず買っちゃった!

FRAU電車の中刷り広告を見て、
キャッチコピーにやられて(笑)思わず買ってしまった、フラウ。

「年齢不詳肌の作り方」ときたもんだぁ〜!

みなさん、髪の色が黒めだな??と思ってたら、
肌色を白く見せるのに、黒いトーンの髪の方がコントラストがついて、肌が白く見えるそうですー
(^_-)フムフム、ナルホドネ〜


 

‘ベースメイク・オールプロセス‘ではプチ整形並み!(←って書いてあった)のベーステクニックが写真で解説されているけど…
所要時間が8分〜11分って!
まぁ〜馴れればそれくらいで仕上げられると理想的ですよね^^



私的、理想の「年齢不詳肌」は、
50歳になった時の‘素肌‘が、
30歳代位の素肌であればいいな〜
なんて思ってますが…欲張りすぎかな(笑)
ならば、マイナス10歳のお肌をめざしてがんばろっかな♪

 

ファンデーションやテクニックで
簡単に若返ることはできるけど、
素肌が若いともっといい!
(当たり前か…)



そのためには、肌を乾燥させることは大敵だし
お肌の栄養となる食事のバランスや睡眠も大切な要素。
普段の生活の積み重ねが、
結果、お肌に現れるってことですね。
めざせ、「年齢不詳肌〜〜♪」



  
Posted by kirei_no_kagi at 16:24Comments(16)TrackBack(0)

2006年02月01日

やさしい洗顔料☆

寒さもまだまだ続きそうですが、
空気も乾燥・そしてお肌も乾燥ぎみに…



リキッドやクリームタイプのファンデーションは、
油分が多いので、乾燥気味の肌にうるおい感がプラスされて、
ハリ感が出るのもこういったファンデーションの特徴ですよね^^



そして、パウダーファンデーションのみの使用の時って、
少しでもお肌の状態が良くないとノリが悪いし、
さらに肌を乾燥させて見せてしまったりします。



でも、でも、手軽なパウダーファンデーションだから
お肌の状態を良くして、使いたい〜!ってことで、


びがんこ
←最近使い始めた
自分の皮脂を取り過ぎない、
粘土系の洗顔料
ゼノアの「びがんこ」です。

これは、界面活性剤を含まない洗顔料で、
土の粒子を細かくしてゲル状にしたものです。



 

こんな感じ。
にゅにゅ〜っと
出した感じは、
寒天のようにプルッとしてます。

これを顔になじませて、
水でなでるように洗い流すだけです♪

 

 

 

これって、泡立てなくていいのです〜!
泡立てる手間もはぶけるし、皮脂もとりすぎず乾燥しないって、
一石二鳥♪もっと早くから使えばよかった〜(笑)

 

せっけんは、安全な界面活性剤だけど、
それでも、皮脂を取りすぎる感じのするときや、
乾燥を感じるときは、こんなやさしい洗顔料を
使ってみるのもいいかもしれませんよ^^



ゼノア商品取り扱い店・ステラグレイのHP 
(店舗もあって、店長さんがあれこれ親切に教えて下さいますよ☆)

  
Posted by kirei_no_kagi at 22:05Comments(10)TrackBack(0)

2005年12月20日

待望のビューラー☆

いつも品切れ状態で、入荷すれば整理券が発行され…と聞いていた
うわさのビューラー、SUQQUアイラッシュカーラーをゲットしました!


SUQQUアイラッシュカーラー



ISETAN新宿店では
12月5日に入荷とは聞いていたのですが、
なかなか新宿に行く機会もなく10日がすぎても…
ありました!ラッキー♪

←SUQQUアイラッシュカーラー 2100円
  (替えゴム2個つき)

 


このビューラーは、根元からしっかりカールできて、
そのカールのキープ力もいいとのこと。


SUQQU・SHISEIDO

その秘密は、
まぶたに当たる金属の部分が山型にカーブしていて、

このカーブをアイホールにグイッと
差し込むようにまぶたに当てる
        ↓
まぶたがめくれて、まつ毛の根元がでる。
        ↓
自然にしっかり根元からカールできる。

といった事が片手で出来ちゃうのです!

 

SHISEIDOのビューラーでは、(写真手前)
片方の手でまつ毛の根元が出るように
まぶたを持ち上げていたので、その手間が省けるけど、



毎日まぶたにビューラーを押し込むという刺激は、
のちのち、まぶたのシワを作ったりしないか…との心配も頭をよぎる…。



まぶたに差し込まない方法でもカールできるから、
不安ならその方法でもいっか!←それじゃ意味が無いか??(笑)



目ジカラUPには欠かせないビューラー!
うまく上がらない〜という方は、
1度試してみるのもいいかも知れませんよ(*^^)v


SUQQUのHP
←店舗など参考にしてくださいね

 

Gボタン

 人気ブログランキング いつもたくさんのClickをありがとうございます

 

  
Posted by kirei_no_kagi at 07:51Comments(21)TrackBack(1)

2005年11月21日

ゾクッとする切れ味…!

やっと買うことが出来ました


それは…GLOBAL(グローバル)の包丁なのですp(´∇`)q


Concept.Designのkeikoさんのブログで見たときから、
つぎに包丁を買うときは、ぜったいグローバル!!と決めていたのです!


グローバルのペティナイフGLOBAL GS-3 ペティーナイフ 5250円


きゃ〜!やっぱりカッコイイ〜(〃^∇^)ノ

美しいデザインばかりでなく、
機能面でも優秀なのです♪
よく切れることはもちろん、
グリップ部分が重くなっているので、
グリップを握ったときのバランスがとても良く、
切るときに変な力が要りません!



その切れ味は、背筋がゾクッとするほど良い感じーーー(≧∇≦*)
「今までの包丁は何だったの〜?」て感じです(感激♪)


ネットで、送料が一番安かったところもあったけど、
やっぱり、ひとめ見てから買いたかったのです〜
(取り扱い店舗はリンクを参照してくださいね)

我が家の包丁達
←我が家の包丁達。

私は、ほとんど下2本のペティナイフしか使いません。
野菜もお肉もお魚も、ぜーんぶペティナイフのみ。

これに慣れると、普通の包丁の出番がナシ…

なので、刃の長さは重要でした。
持ってるペティナイフより、一回り大き目

 

きっと、このグローバル君の登場で、
他の包丁さん達は、さらに出番がない事となるでしょう…さようなら…(笑)


野菜を切るのが楽しくなる事まちがいなし!
お料理のモチベーションがUP!UP!です


ボタン人気ブログランキング いつもクリックをありがとうございます♪




  
Posted by kirei_no_kagi at 07:44Comments(12)TrackBack(2)

2005年11月19日

ラヴェーラのリップグロス

空気が乾燥してくると、くちびるの皮がペリペリ〜っとめくれてきますよね。。。


空調された室内では、湿度が20%くらいになっているそう…快適な湿度の60%には程遠い…


口紅だけでは、潤い不足を感じます〜(涙)


ラヴェーラ ナチュラルリップグロス癸
ということで、リップグロスを購入♪

ラヴェーラ ナチュラルリップグロス癸
  
1890円

実は、リップグロスって苦手で、
すぐにふき取りたくなってしまうのは、私だけ?
でも、くちびるの乾燥も気になるー(>_<)





ラベーラは、ドイツのナチュラルコスメブランドで、
このリップグロスは、2001年のドイツオーガニック展示会で”最優秀商品賞”を受賞した、BDIHマーク付きの化粧品!



BDIH
BDIHとは、ドイツの医薬品・化粧品業界による認定マーク。
原料や環境保護など8項目の厳しい基準をクリアした自然派化粧品を認定したものなのです。

 

自然派化粧品って、ものすごくたくさんあるけれど、
「自然派」って付けば、なんだかお肌に優しくていいものってイメージがあるから、なんでも大丈夫な気がしてしまうけど、



その基準は、けっこうあいまいなものなので、こんなマークも化粧品選びの参考のひとつにしてみてはいかがでしょう〜?



このグロスは、有機栽培のホホバ油配合で肌に優しく、天然のベリーのほのかな香りがします♪


香りが苦手な私でもOK!しばらくたつと、
その香りも無くなってしまいます^^


口紅って、半分は自分で食べちゃってる気がしませんか〜?
なので、少しでも優しいものを選びたいな♪と思うのです。

 

ボタン

 人気ブログランキング  いつもポチッ☆とありがとうございます

 

ラヴェーラのHPリンクはりました。取り扱い店舗などご参考ください。
  ネットでも数多く販売されているけど、
  口紅などは実際に色をたしかめてからの購入をおすすめします!
  けっこう実際の色は濃い目でしたよ〜


 




  
Posted by kirei_no_kagi at 10:37Comments(22)TrackBack(1)

2005年11月13日

テンションの下がるもの…

MacHenna見つけると、テンションの下がるもの、


それは、白髪…なのです! (私の場合)


ちらほらと数本あるうちは、カラーリングで髪を明るくすれば、良かったのだけど、
1年1年、確実に増えている〜〜

 

カラーリングは、いつも美容室でやってもらうのですが、
どうも、染料に弱いらしくて、地肌につけないように塗ってもらうのだけど、
今の頭皮の状態があんまりよくないので、半年以上カラーはしていないから、
黒目の髪では、白髪が目立つのですー


子供の頃、母親に頼まれて白髪を抜いていたのを思い出すけど、
私も、そんな年齢になったのね…
白髪を見つけると、「あなたの体の機能は確実に老化をしていってますよ」と
言われているようで、テンションさがります…


ふと立ち寄った「ナチュラルハウス」で「マックヘナ」なるものがあり、
パッッケージを読むと、普通のヘナより扱いやすそうな感じで、
塗布時間も30分と短いので、やってみる事にしました。


ヘナは、何千年もの昔から使用され、
ヘナの葉には抗菌、殺菌作用があるため、頭皮を改善し、フケやかゆみを抑え、痛んだ髪を回復させる効果があるそうです。


ヘナ独特の、草の香りがずいぶんと柔らかくなっているような…
(以前その強烈な香りにノックアウトされた記憶がよみがえる!)

ホントに髪の毛が、しっとりさらさらになりました



髪・頭皮にやさしくて、安心して使えるヘナ。
自分で染めるのは大変だけど、ちょっとがんばって続けてみよっかな



ボタン 人気ブログランキング いつもポチッ☆とありがとうございます(*'ー'*)




  
Posted by kirei_no_kagi at 08:20Comments(16)TrackBack(0)

2005年11月09日

そろそろ手荒れの心配も…

アヴェンヌ ハンドクリーム食器洗いに、ぬるま湯を使い出したら、
やっぱり手がカサカサしてきますね。


数年前に、「手荒れ」で皮膚科にいったら、
「しばらくは、いっさい水に触れないでください」と言われたのです。
それ以来、かなりの食器洗いを機械におまかせしてきて、手はすっかり良くなったけど、
夏から食洗機が壊れているのよぉ〜(>_<)冬が来る前になんとかしないと…!もう手荒れの季節はやってきている〜!

 

さっそく、アヴェンヌのハンドクリームを購入♪
いろいろ試してみる中で、やっぱり一番好きな使用感です!



アヴェンヌウォーター(温泉水)が使われていて、
荒れている状態で使用しても、しみたりしないそうです。
小さいパール粒1個くらいの小量でよくのびるし、
ベタベタしないところがとても良いです!



76gで1500円とちょっとお高めな感じはするけど、
DSで30%offで1050円でGET☆
これでひと冬もちそうな気がするのですが、どうかな〜?



手を乾燥させないコツは、水を使うたびに、こまめにハンドクリームをぬることなのだそうです。


        
ボタン人気ブログランキング ポチッ☆といつもありがとうございます♪

  
Posted by kirei_no_kagi at 07:32Comments(13)TrackBack(0)