2006年04月19日

使いにくいUV剤を…

そろそろ紫外線が本格的に来てます、来てます!って感じられ日が多くなってきましたね!


ちなみに、
お肌の奥までとどいて、
お肌の弾力にダメージを与える紫外線は、
ガラスを透過するので、万全を期すなら室内にいるときでも
UVケアをした方がいいのですがーーー。


今日は外出はしないって日は、正直メンドウですよね…(^_^;)


パックスナチュロン UVクリーム←去年買った、パックスナチュロンの
安心UVクリーム。
紫外線吸収剤、合成界面活性剤を使用せず、
石けんで乳化したもの。お値段も840円と良心的なのだけれど…

とっても使いにくーーーい!(爆)
だから、ちっとも減らずに残っているのさ…

 

 

子供用にと思ったけど、
使用感は重いし、シロ浮きするし、伸びも悪い!(ごめんなさいパックスさん)


大人は、安全ということで目をつぶってガマンできるけど、
正直な子供は”これはイヤ”と速攻却下…だよね、だよね〜(涙)


UVクリームとアベンヌウォーター

そこで、ハッと思いついた!佐伯チズさんは、「UV剤に弱いという人は、VU剤と乳液を混ぜて使用するといい。」と言っていた。

市販のUV剤と乳液を混ぜるのは、いささかというか、かなーり抵抗があるけど、使いやすくするために、「水ならどうなの?」っと思い、アヴェンヌと混ぜてみた♪

 

 

乳化完了!

きれいに乳化しました!
VU剤の乳化力だけで水でも乳化できたようね。

これなら、スーッと伸びるし、シロ浮きも気にならない程度!これなら使えますー♪

この量で、顔全体から首、手まで
つけられるけど、きっと表記にあるSPFは期待できないと思います。でも、何も付けないよりかはいいはず…よね、心でつぶやく。。。

 

この使用感ってとても大切ね。。。
いくら安全でも続けられなくては意味がなくなっちゃうものね。。。


ちなみに、紫外線吸収剤っていうのは、
ポスターなどの印刷物が色あせない様に、
紫外線を吸収するようにインクに混ぜられているものと
ほぼ同じものだそうですよ。
これが肌にあわない人が多いそうですが、
もっともですよね。。。
人間の肌はポスターじゃないですからっ!


安全に使えて、子供でも簡単に落とせて、
気兼ねなく使える価格で、入手しやすくて、
多少はUVブロック効果期待できる(要望多すぎね…)
そんなUV探しは、まだまだ続きそうですー(-_-;)

  

Posted by kirei_no_kagi at 10:43Comments(6)TrackBack(0)

2005年08月07日

海の紫外線はすごかった…

昨日は、湘南の鵠沼海岸へ行ってきました!
地引網が出来るということでしたが、台風の影響で波があり中止になりました(T-T)
 湘南 鵠沼海岸
 
←鵠沼海岸
遠くに見えているのが、江ノ島。
 
 
 
 
 
しらす
その代わりに、
湘南名物の生シラスを捕ってきてくださり
ごちそうになりました!
 
 
手前は、シラスの天ぷら。
 
奥は、生シラスの酢味噌がけ。
 
 
海といえば、なんといっても日焼けですよね。
覚悟はしてたけど、ハンパじゃない紫外線ですね。
日陰にいてもやっぱり焼けてる…Σ( ̄ロ ̄lll)
私には、海水浴なんてもう考えられない!(笑)
 
 

帰ってきたら、さっそく応急処置開始です!
日焼けは炎症なので、まずは沈静。
顔は、ローションパックにラップをかぶせ、その上から保冷剤で冷やしました!
 

同時にやっていいものか…と思ったけど
気持がいいし、ま、いっか(笑)
 
 

体も保冷剤で冷やすと、早くほてりも治まり、ローションをぬるより手軽で、効果もあるのでは?
そのあとは、気になるときに全身にアベンヌをシュッ〜!とやりました^^
 
 

日焼け前、日焼け後には、ビタミンCの大量摂取でダメージ回復!
私は、食後に1回につき2000mgぐらいを目安に、サプリメント摂ってます(あくまで日焼け時!)
 
 

でも、サプリメントに頼らず食事からも
積極的にビタミンCをとりましょう!
 
 

ビタミンCの多い食材

パセリ・レモン・ピーマン・だいこん・トマト・ブロッコリー・サツマイモ・煎茶…など
 

ビタミンCは加熱に弱いので、生で食べる方が良いそうです。
加熱するなら、火よりレンジの方がビタミンCがより残りますよ!
 
 
 
ポチッとClick☆ありがとうございます♪
 
 
人気ブログランキングです
 
  
Posted by kirei_no_kagi at 07:20Comments(12)

2005年08月02日

信じるべからず。

日焼け止めをぬっているのに、「日焼けしているかも…?」と思うことってないですか?
そ〜なんです!日焼け止めをぬっていても、日焼ってするのですよね(^_^;)
 
 

SPF値は、「その人の肌が赤くなるまでの時間を何倍延ばせるか」という値であって、「ぬらない時より○倍日焼けしない」という値ではないのですよね。
 
 

肌が赤くなるまでの時間も、人それぞれに違うので…
例えば、SPF10の日焼け止めだとして、赤くなるまで10分の人と20分の人とでは、10分×10=100分と、20分×10=200分では100分も差がでてしまうのです!
 
 

「赤くなるまで」というのがミソで、時間を延ばしているだけで、少しづつ日焼けはしているということなのですよね〜(^_-)
 
 

そして、このSPF値は1平方2mgをぬった値を基準にしているのです!
これって、顔全体だとケッコウな量になりますよね…
たぶん、ぬる量も少ないはずなので、SPF10とあっても、
SPF5(半分の効果)くらいと思っていた方がいいみたいです^^
 
 

多くの女性は、ファンデーションを重ねてぬりますよね。
ファンデーションもUVカット効果があるからいいのですが、
ぬらない方は帽子日傘でVU対策をしましょう〜(^o^)丿
 
 
かぼちゃ
 
 
なんだか、写真がないと寂しく感じますね(笑)
 
←これはかぼちゃです!
 
 
Clickをいつもありがとうございます
人気ブログランキング
 
                                                                                               
 
  
Posted by kirei_no_kagi at 01:22Comments(8)

2005年05月11日

紫外線から守って!

今回も引きつづき、紫外線のお話を^^
 
 
いま地上に降りそそぐ紫外線は、オゾン層の破壊などにより、10年前のものとは違ってきているそうです。
 
 
UV剤をつけることでの肌へのダメージよりも、
UV剤をつけずに紫外線をあびるダメージのほうが上回るそうです。
 
 
必要な時につけて、必要なくなくなれば落とすというように、上手くUV剤と付き合っていけるといいですよね。
 
 
 
でも、肌が敏感で、つよいUV剤やファンデーションをつけられないという人もいるかと思います。
 
 
そういう方は、「日焼け止め」専用ではなく、乳液や、美容液にUV機能がプラスされているものを選んでみてください。
その上からお粉(粉おしろい)をはたいておくだけでも、お粉が光を反射して、紫外線対策になりますから試してみてください^^
 
 
 
SPF数値の高いものほど洗浄力のつよいリムーバーが必要になったりします。
しっかり落すことを怠ると、肌にも負担がくるので、選ぶときには・・・
 
 
普通の洗顔フォームで落ちるものを選ぶ、というのも手軽に使いやすくする方法ですよね!
 
 
 
SPF数値は18〜20でOKです。←(UV−Bに対しての数値)
PA数値は++のものを。←(UV−Aに対して数値)
 
 
 
意外と忘れがちなのが、首もとと手です!
お顔につけたいきおいで首と手にもぬっていくような流れを、習慣にしちゃいましょう!
 
 
 
あなたのクリックで誰かをきれいにできるかも?!
 
人気ブログランキング
  
Posted by kirei_no_kagi at 06:50Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月10日

紫外線から守って!

前回、肌サイクルについてお伝えしましたが、もう1つ大切なことが・・・!
 
 
肌の状態もそうですが、いまの肌の細胞の状態(体質)も、3ヶ月前の環境を引き継いで、いま表れているそうです。
 
 
 
まだ紫外線が少なかった2・3月に生まれた肌細胞は、紫外線に対してとても無防備な状態なのです!
紫外線をあびてもすぐに自分を守ろうとすることに鈍感(+_+)なのです!
 
 
 
肌の奥までとどき、肌の弾力をささえるコラーゲンやエラスチンにダメージをあたえる、UV−Aが5月はとても多いのです!
 
 
 
しみやたるみといった肌老化の約80%が紫外線によって引き起こされているといわれています。
UV−Aはガラスを通ってしまうので、室内や車内も要注意。
 
 
 
日頃の努力がムダにならないよう、ちょっとした外出でも油断せず紫外線からお肌を守ってくださいね(^.^)
 
 
 
次回はひきつづきUVケアについてもう少し・・・
今日もたっぷりとお肌にお水(化粧水)をあげましょう!
 
 
 
あなたのクリックで誰かをきれいにできるかも?!
 
 
人気ブログランキング
 
  
Posted by kirei_no_kagi at 06:40Comments(2)TrackBack(0)